So-net無料ブログ作成
検索選択
sponsured link
資料請求はこちら(無料)

前の5件 | -

2017年5月GW(連休)のお知らせ [お知らせ]


2017年5月中の連休中のニチガクは、

・SR⇒通常どおり、チューターの配置は平日午後5時、土日は午後2時です。自習室の開閉も通常どおりです。

・授業⇒通常どおりです。

・担任の出勤⇒通常どおりです。

・塾長室⇒5/4(木)から5/9(火)まで閉鎖します。


以上、よろしくお願いいたします。


nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

チューターに質問をしていますか? [ニチガクのシステム]


せっかくニチガクに入塾したのに、
せっかく質問し放題のSRで自習をしているにもかかわらず、
あまりチューターに質問をしていない生徒を見かけます。

勿体ない!

質問をすることがなくても、
単語や熟語の暗記チェックをお願いしてもいいし、

もし、チューターが自分が行きたい大学に通っているのであれば、
「大学どうですか?高校3年生のときはどれぐらい勉強しましたか?」みたいな質問をしてみると良いでしょう。

快く応えてくれるはずです。

せっかく一流大学の学生ばかりがそろっている環境なのですから、
フルに利用しまくりましょう!!


nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

ネクステはまだ早い!(かも) [英語]


Next Stage(ネクステージ)、ご存知ですよね?

受験勉強をはじめて、
「ネクステがイイって聞いたから」という理由で、
いきなり「ネクステ」を始める受験生が多いようですが、
ちょっと待った!

もちろん、ネクステは必須です。

やり込めば、速効性があるので点数アップは確実です。

うちの英語の先生も、Next Stage、
もしくは英頻に関しては、

「MARCH3周、早慶5週」

と、唱えている講師もいますので、
それぐらい、
何度も何度もやり込む必要のある問題集ではあります。


しかし、偏差値50を切っている生徒がやったところで、
それは「馬の耳に念仏」でしかありません。

フィギュアスケート初心者が、
いきなり3回転や4回転の特訓を始めるようなものです。

無謀です。

まずは英文法の基礎をしっかり身に着けよう!
それと、単語ね。

これが出来て、模試で英語の偏差値が55を超えたあたりから、
具体的に取り組むことを考えはじめよう。


そのタイミングに関しては、各担任の先生に相談してみよう!

もちろん、やらなければいけない必須本のひとつですので、
早く取り組めるように頑張りましょう!





Next Stage英文法・語法問題―入試英語頻出ポイント218の征服
Next Stage英文法・語法問題―入試英語頻出ポイント218の征服


nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

あともう少し [モチベーション]

受験生の皆さん、
頑張るのも、あともう少しです。

一ヵ月後を想像してみましょう。
3月3日。


もう、ほとんどの結果が出ている(はず?!)


つまり、もう30日もないんです、
歯を食いしばって努力をする時間は。
(2月は短いですからね)


あともう少しです。
頑張りましょう!


nice!(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

未来に借金を作るな [マインドセット(考え方の枠組み)]

明日はなんとかなると思う馬鹿者。
今日でさえ遅すぎるのだ。
賢者はもう昨日済ましている。

クーリー


クーリーの名言だと
東進・林先生の「いつやるか?今でしょ」の
「今」ですら遅すぎる……w( ▼o▼ )w



「明日はなんとかなる」

あんまり未来の自分に期待しすぎないようにしようぜ〜♪


現時点でやらなければならないことは
さっさと終わらせる。


「明日やろう」
「明日の自分なら、きっとやるさ」
などと
未来の自分に期待しない。



未来の自分に恨まれないようにしよう。

未来の自分に借金を負わせないようにしよう♪


負債をかかえすぎるとどうなるか?
⇒首が回らなくなる(・∀・)b


秋の自分が
そういう状態になっていたらイヤでしょ?


借金を抱え過ぎると人はどうなるか?
⇒元気がなくなる


借金は人からエネルギーを奪います。


受験生にとっての借金とは
「今日やるはずのことを、未来に持ち越すこと」

つまり、ノルマを先送りすること。


先送りされたノルマがたまると
⇒元気がなくなる
⇒エネルギーが奪われる


夏にサボった受験生は、
秋に溜まったノルマの多さに気付きます。


で、11月ごろに
志望校の下方修正を始めたりします。


中には
「今年はテキトーにやり過ごして来年頑張ろう」
などと、
早くも浪人を考えはじめる人もいます
=来年の自分に借金を負わせる


夏を中途半端に過ごすと
秋から冬にかけての時期は
精神的重圧との戦いの日々です。


と、警告しても、
必ず毎年何人かは、
そのような生徒が出現するんだよね。
だから、「またかよ」と思われても
繰り返します。


夏をどう過ごすかで、
今後の数か月の自分の精神状態や心の負荷が決まってしまいます。


特に、まだ夏期講習を申しこんでいない3年生!
グズグズしている場合じゃないよ。


夏期講習(あるいは合宿)の講義を主軸に
夏の学習をどう展開していくか、
すでに早い生徒は計画を立てて実行に移しています。


モタモタしていると
時間はあっという間に過ぎていきます。
(実際、もう7月の三分の一は終わっているし)


まだ夏の過ごし方を決めかねている生徒がいたら、
急ぎ担任クラスに参加するか、
面談の申し込みを担任アシスタントにするように!


nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び
前の5件 | -