So-net無料ブログ作成
検索選択
sponsured link


ニチガクの本『情報戦略で大学に受かる!』 [お知らせ]



最近ニチガクに入塾した生徒さんや親御さんはご存知ないと思いますので、改めて告知させてください。

大学受験予備校・ニチガクは本を出しています。


タイトルは、『情報戦略で大学に受かる!』。
出版社は、彩流社(現在は社名が変わり言視舎)です。



これから大学受験を本格的に考えたい方、
特に、一般受験よりも、推薦やAOをお考えの方には、是非、目を通していただきたい本です。



情報戦略で大学に受かる


情報戦略で大学に受かる






もちろん、最低限の学力は必要なことはいうまでもありませんが、

大学受験というものは、

勉強して
→成績を上げれば
→合格する

という単純な図式が成立するとは限りません。

まずは行きたい大学を決め、
その大学にはいるための情報を集め、

適切な情報と、それに基づく戦略を構築し→それを粛々とこなし→合格する

ことが、単にがむしゃらな勉強をすることよりも重要なことなのです。

そのために知っておいていただきたいことのイロハがこの本には記されています。

とくにこの本は地方在住の方にもおすすめしたいです。

近隣の塾や予備校、あるいは学校の進路指導の先生も含め、大学受験に関する豊富な情報やデータがあるような環境ではなく、それでも東京の名門と呼ばれる大学の受験にチャレンジしてみたいと考えている生徒さん、親御さんは、今後の戦略を練るうえでのヒントとなることでしょう。


特に、部活が忙しくてなかなか勉強をする時間が無い、
しかし、大学進学は考えたいという高校生の皆さん、


そして、そのような悩みを抱える高校生のご子息がいらっしゃる親御さんは、
ぜひ御一読をお勧めいたします。


それほど厚くない本ですし、
文字も大きく読みやすいので、
気軽に読めますよ!

また、本書のメインコンテンツの一つでもある、
「バカとビンボーは遺伝する」。

これ一体どういうことなのか、
気になる方もご一読を!


▼内容の一部
・ホンネで大学入試を考えましょう!

・きちんと戦略を立てれば、どんな偏差値の子でも志望校に合格します。

・バカと貧乏は遺伝する!

・「ビンボー」という悪しき連鎖を断ち切れ!

・「金がないから進学できない」の嘘

・高卒と大卒では、「生涯賃金」にこれだけの差が!

・「学歴なんか関係ない」?

・日本はいまだに学歴社会である

・「偏差値はすべてではない」というマヤカシ

・驚くほど知られていない推薦・AO入試の利点に注目。

・「狙い目の大学」とは?

この本は、賢い作戦をたてるコーチになりたいと思います。
大学受験は「人生の一大事」! そのための戦略の立て方、勉強の仕方はもちろん、お金の借り方までのガイド!







タグ:ニチガク
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

ニチガクの『チューター』とは? [ニチガクのシステム]

ニチガクでは、
東大、東工大、東京医歯大、早慶大在学生を中心とした、

”チューター”

と呼ばれる先生が、
教室内を巡回しながら、
皆さんの質問に対応し、
学習上の疑問点を解決しています。





[ひらめき]では、どんなことが質問できるかというと、


1.ニチガクの授業テキスト及び授業に関する質問

2.皆さんが通っている、学校での学習内容に関する質問

3.参考書、問題集を利用した自主的な学習内容に関する質問

4.学習方法に関する質問
 ⇒例えば、「英語ができるようになるには、どんな勉強をしたらいいか?」など

5.進学・進路に関する質問
 ⇒例えば、「○○学部では、どんなことを勉強しているんですか?」など


など、
ニチガクで受講している科目を問わず、
全教科自分の聞きたいことを、
何でも質問することができます。



もちろん時間の制限はありませんので、
納得いくまで利用して下さい。


では、

チューターを活用するために、
定期テストでいい点数をとるために、
大学受験で志望校に合格するために、

重要なことは何でしょうか?


それは、

その日のうちの復習で理解できない部分を見つけ、

SR来訪時にチューターに質問して理解し、

反復して復習(週末は絶対!)することにより理解を定着させていくこと

です!


では、具体的なチューターの活用方法を説明しましょう。

①学校の授業やニチガクの授業が終わったら、1科目あたり10~15分程度でもいいのでその日のうちに見直しをして、理解できない部分を発見する

②自分で可能な範囲で調べ、「どこから理解できないのか」「何が理解できないのか」をなるべく明確にしておきましょう!
(※漠然とした質問には、漠然とした答えしか返ってこない可能性が高いからです!)

SRでチューターに質問して理解できたら、”なぜ理解できなかったか” ”どう考えればよかったか”という情報を、授業で使ったノートやプリントに補足記入してください!
(※補足記入した内容を、赤い線で囲むなどして目立たせておくといいでしょう)

④土曜日か日曜日に1時間程度とって、英語・数学を中心に、毎日の復習で出てきた疑問点を集中的にチェック(復習)する。
 ⇒週末の復習で理解できなかった部分を”完全に定着”させましょう!

[ひらめき]①〜④の積み重ねが、理解に厚みや奥行きを与えるとともに、記憶の定着率も格段に高くしてくれます!



内部進学や推薦、A・O入試を目指している受講生は、

成績を上げるために、


一般受験で志望校合格を目指す生徒は、

確実な基礎学力を身に着けるために、

分からないところを積み残さずに、必ずその週のうちに疑問点を解消して、理解を定着させていきましょう!



担任:[サッカー]go through 松田(松田を通過する)






タグ:ニチガク
nice!(0)  トラックバック(0)