So-net無料ブログ作成
スポンサーリンク
資料請求はこちら(無料)

未来に借金を作るな [マインドセット(考え方の枠組み)]

明日はなんとかなると思う馬鹿者。
今日でさえ遅すぎるのだ。
賢者はもう昨日済ましている。

クーリー


クーリーの名言だと
東進・林先生の「いつやるか?今でしょ」の
「今」ですら遅すぎる……w( ▼o▼ )w



「明日はなんとかなる」

あんまり未来の自分に期待しすぎないようにしようぜ〜♪


現時点でやらなければならないことは
さっさと終わらせる。


「明日やろう」
「明日の自分なら、きっとやるさ」
などと
未来の自分に期待しない。



未来の自分に恨まれないようにしよう。

未来の自分に借金を負わせないようにしよう♪


負債をかかえすぎるとどうなるか?
⇒首が回らなくなる(・∀・)b


秋の自分が
そういう状態になっていたらイヤでしょ?


借金を抱え過ぎると人はどうなるか?
⇒元気がなくなる


借金は人からエネルギーを奪います。


受験生にとっての借金とは
「今日やるはずのことを、未来に持ち越すこと」

つまり、ノルマを先送りすること。


先送りされたノルマがたまると
⇒元気がなくなる
⇒エネルギーが奪われる


夏にサボった受験生は、
秋に溜まったノルマの多さに気付きます。


で、11月ごろに
志望校の下方修正を始めたりします。


中には
「今年はテキトーにやり過ごして来年頑張ろう」
などと、
早くも浪人を考えはじめる人もいます
=来年の自分に借金を負わせる


夏を中途半端に過ごすと
秋から冬にかけての時期は
精神的重圧との戦いの日々です。


と、警告しても、
必ず毎年何人かは、
そのような生徒が出現するんだよね。
だから、「またかよ」と思われても
繰り返します。


夏をどう過ごすかで、
今後の数か月の自分の精神状態や心の負荷が決まってしまいます。


特に、まだ夏期講習を申しこんでいない3年生!
グズグズしている場合じゃないよ。


夏期講習(あるいは合宿)の講義を主軸に
夏の学習をどう展開していくか、
すでに早い生徒は計画を立てて実行に移しています。


モタモタしていると
時間はあっという間に過ぎていきます。
(実際、もう7月の三分の一は終わっているし)


まだ夏の過ごし方を決めかねている生徒がいたら、
急ぎ担任クラスに参加するか、
面談の申し込みを担任アシスタントにするように!






資料請求

こちら(無料)


スポンサーリンク




nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 1

トラックバック 0