So-net無料ブログ作成
検索選択
sponsured link
資料請求はこちら(無料)

マインドセット(考え方の枠組み) ブログトップ
前の5件 | -

未来に借金を作るな [マインドセット(考え方の枠組み)]

明日はなんとかなると思う馬鹿者。
今日でさえ遅すぎるのだ。
賢者はもう昨日済ましている。

クーリー


クーリーの名言だと
東進・林先生の「いつやるか?今でしょ」の
「今」ですら遅すぎる……w( ▼o▼ )w



「明日はなんとかなる」

あんまり未来の自分に期待しすぎないようにしようぜ〜♪


現時点でやらなければならないことは
さっさと終わらせる。


「明日やろう」
「明日の自分なら、きっとやるさ」
などと
未来の自分に期待しない。



未来の自分に恨まれないようにしよう。

未来の自分に借金を負わせないようにしよう♪


負債をかかえすぎるとどうなるか?
⇒首が回らなくなる(・∀・)b


秋の自分が
そういう状態になっていたらイヤでしょ?


借金を抱え過ぎると人はどうなるか?
⇒元気がなくなる


借金は人からエネルギーを奪います。


受験生にとっての借金とは
「今日やるはずのことを、未来に持ち越すこと」

つまり、ノルマを先送りすること。


先送りされたノルマがたまると
⇒元気がなくなる
⇒エネルギーが奪われる


夏にサボった受験生は、
秋に溜まったノルマの多さに気付きます。


で、11月ごろに
志望校の下方修正を始めたりします。


中には
「今年はテキトーにやり過ごして来年頑張ろう」
などと、
早くも浪人を考えはじめる人もいます
=来年の自分に借金を負わせる


夏を中途半端に過ごすと
秋から冬にかけての時期は
精神的重圧との戦いの日々です。


と、警告しても、
必ず毎年何人かは、
そのような生徒が出現するんだよね。
だから、「またかよ」と思われても
繰り返します。


夏をどう過ごすかで、
今後の数か月の自分の精神状態や心の負荷が決まってしまいます。


特に、まだ夏期講習を申しこんでいない3年生!
グズグズしている場合じゃないよ。


夏期講習(あるいは合宿)の講義を主軸に
夏の学習をどう展開していくか、
すでに早い生徒は計画を立てて実行に移しています。


モタモタしていると
時間はあっという間に過ぎていきます。
(実際、もう7月の三分の一は終わっているし)


まだ夏の過ごし方を決めかねている生徒がいたら、
急ぎ担任クラスに参加するか、
面談の申し込みを担任アシスタントにするように!


nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

質問しまくれ! [マインドセット(考え方の枠組み)]

聞くは一時の恥、
聞かぬは一生の恥。


高校三年生と高卒生にとっては、
ある意味「一生」が大きく決まる月、2月です。


進路のこと、志望校のこと、わからない問題があったら、
とにかく抱え込まずに、担任の先生やチューターに
どんどん質問しよう。


疑問点が解消するだけで、
もしかしたら、今後の人生が変わる可能性だってあるのだから。


ニチガクの資料請求は>>こちらです

nice!(0)  トラックバック(0) 

岡崎慎司選手に学びたい、「素直さ」と「貪欲さ」 [マインドセット(考え方の枠組み)]

明けましておめでとうございます。


過去、学力を大きく伸ばし、志望校合格を勝ち取っていった生徒に共通することがあります。

それは、

「素直さ」と「貪欲さ」

です。

人からのアドバイスを素直に受け取ってまずは試してみる「素直さ」と、絶対に志望校に合格してみせる!という「貪欲さ」を持っていることが、学力を大幅にアップするために必要な資質といっていいでしょう。


ところで、皆さんはサッカー日本代表の岡崎慎司という選手を知っていますか?


岡崎慎司物語 (ライバルコミックス)

岡崎慎司物語 (ライバルコミックス)

  • 作者: 佐久間 力
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2010/06/04
  • メディア: コミック




決してうまいタイプの選手ではありませんが、泥臭いプレーで結果を出し続けているフォワードの選手です。


岡崎慎司選手は高校時代、名門校である兵庫県の滝川二高で1年生からレギュラーを獲得し、1年次と2年次の2年連続で高校選手権ベスト4進出に貢献。3年次には、キャプテン(主将)を務めるという輝かしい経歴で、Jリーグの清水エスパルスというチームに入団します。

しかし、清水エスパルスの監督である長谷川健太氏が下した評価は、『FW8人中、8番目のFW』というものでした。

その後、2年間はほとんど出場機会に恵まれず、苦しい期間を過ごすことになります。

しかし、岡崎選手はコーチや監督の指導を素直に聞き入れてがむしゃらに頑張り続け、少しづつ結果を残していきます。

ちなみに、自分の知り合いのエスパルス関係者も当時、「ああいうタイプは必ず伸びる」と話していました。

そしてついに2008年には日本代表に選出され、2009年には代表戦16試合に出場し15得点をあげ、国際サッカー歴史統計連盟により世界得点ランキング1位に選出されたのです。

現在も日本代表の頼れるフォワードとして、結果を残し続けています。


特に現在の高2生に伝えたいのですが、現在の偏差値が志望校といくつ離れていても、これから「素直」に、そして「貪欲」に頑張り続ければ、必ず志望校合格を勝ち取ることができると信じてください。

担任の先生は万全の準備をして、皆さんを志望校に合格に導いていきます!


では、本年もよろしくお願いします。



担任:[サッカー]in spite of 松田(松田にもかかわらず)

nice!(0)  トラックバック(0) 

否定的な思考は可能性を奪います [マインドセット(考え方の枠組み)]

冬期講習まであと1ヵ月となりました!

3年生はラストスパートに、1、2年生は弱点補強に有効に使いましょう!


レギュラー授業はもちろん、冬期講習の授業、そして、学校の授業もきちんと聞きましょう!
特に3年生はこの時期の授業は先生の言うことを「一言一句、逃さず聞く!」くらいの姿勢で授業に出ましょう!


年度の後半になり、成績が伸びない人ほど、文句が多いです。
「授業が悪い」、「先生が悪い」、「参考書が悪い」など・・・と口から出てくる人ほど成績が伸びません。

文句を言うということは「拒絶」をしているということで、つまり、自分が伸びるかもしれないという可能性を拒絶しているということです!


大学受験を控えた高校3年生。
この時期不安な気持ちは分かりますが、

"If you judge people, you have no time to love them." - Mother Teresa.
「人を批判していると、愛する時間がなくなってしまう」とマザーテレサが言いました。

そして、
「頑張ってる人間からは知恵が出る、頑張ってない人間からは愚痴しか出てこない。」
そんなものですから、ラストスパート頑張って下さい!


sponsored link



nice!(0)  トラックバック(0) 

結果がすべてを教えてくれる [マインドセット(考え方の枠組み)]



結果がすべてを教えてくれる。

今の自分があるのは、過去の自分の行動の結果です。

今の自分の状況に満足いかなければ、
それは過去に蒔いた種の結果です。

1年前に何してた?
半年前に何してた?
1ヶ月前には?
1週間前は?
昨日は?

結果がすべてを教えてくれる。
「今」は自分の過去の累積。

だから。

素晴らしい未来を望むのなら、
今から、それにつながる種を蒔こう。

何もしなければ
何も始まらない。

何もしなければ
何もおこらない。

今何もしなければ
未来も何もない。

今、行動すれば
未来が拓けます。

[パスワード]担任:ヒ


タグ:結果
nice!(0)  トラックバック(0) 
前の5件 | - マインドセット(考え方の枠組み) ブログトップ