So-net無料ブログ作成
検索選択
スポンサーリンク
資料請求はこちら(無料)

過去問 ブログトップ

赤本の貸し出し [過去問]


担任指導部では、赤本の貸し出しをしています。
期間は1週間単位です。

借りている生徒で期間を延長したい人は、
その旨、担任に伝えるようにしてくださいね。

君が借りている赤本を待っている生徒がいるかもしれないので。
nice!(0)  トラックバック(0) 

『パスナビ』で、全国主要37大学の過去問を、無料で閲覧できます!  [過去問]

大学受験情報サイト『パスナビ』で、有名37大学の過去問をなんと、”無料”で閲覧できます。

『パスナビ』大学過去問

これは『パスナビ』を運営している旺文社が刊行する、「全国大学入試問題正解」に掲載している大学の過去問と解答、解説を転載したものです。

閲覧できるのは2012年の1年分のみですが、何しろ”無料”なので、使ってみる価値はあるでしょう。


ちなみに掲載大学は、

【国立大学】
北海道大学
東北大学
東京大学
東京工業大学
一橋大学
名古屋大学
京都大学
大阪大学
筑波大学
埼玉大学
千葉大学
東京医科歯科大学
横浜国立大学
金沢大学
信州大学
静岡大学
神戸大学
岡山大学
広島大学

【公立大学】
首都大学東京
大阪市立大学

【私立大学】
早稲田大学
慶應義塾大学
上智大学
学習院大学
明治大学
青山学院大学
立教大学
中央大学
法政大学
東京理科大学
南山大学
関西大学
関西学院大学
同志社大学
立命館大学
福岡大学

の37大学です。

ただし、あくまでオンラインなので、画面を見ながらの受験になるため、やりづらいかもしれません。
その場合は、ニチガクで赤本を借りるなどしてください。


担任:[サッカー]set 松田 free

nice!(0)  トラックバック(0) 

過去問トライが合否の分かれ目 [過去問]

昨夜、予備校の仕事が終わり自宅に帰ったところ、
玄関ではすでにコオロギが鳴いていました。

まだまだ蒸し暑い日が続きますが、もう秋なんですね。
みなさん受験勉強は捗っていますか?

今回ここでお話ししたい事は、
受験において大事なことは、「既出問題は確実おさえる」という事です。

既出問題、つまり過去問ですね。

これは私自身が最近、
英語の各種試験(TOEIC,TOEFL)を勉強していた時に感じたのですが、
どんな試験でも、過去問と同じか、ほぼ同じ問題が実際の試験において、必ず出ることを実感したからです。

もちろん大学入試においも、教科によって多少の違いはあるでしょうが、出題者は必ず既出問題を利用せざるを得ないのです。
そうしなければ、毎年問題を作成する事は不可能なのです。


「そうか!過去問の点数を確実に取ることから始め、解ける設問を着々と増やし、最終的に本番では、ほとんどの設問を『これは既出』と思いながら解くことができれば、高得点が実現できるぞ!!」

このような意識で勉強を続ければ、
いくら何でも7割程度の合格ラインは超えられるはずです。


しかし現実には、

(1)テスト時に、どれが既出問題なのかピンと来ない
(2)他の勉強法への未練や迷いがあって、受験直前にも関わらず、過去問中心の勉強に踏み切れない
(3)合格ライン獲得への意欲があまりない
(4)基礎問題すら出来ないので、過去問を解く時間がない
(5)取れる設問(既出問題)を増やそうとするのだが、どうしても頭から抜ける。「全部消えてしまったので最初からやり直し」に、いつもなってしまう

などの事態が起こっているようです。

これに関して良いテキストを見つけたので抜粋しておきましょう。

一通り学習が終わったならば、入試問題に慣れておく必要があります。 基礎事項に関する問題は、過去の問題と類似の内容がたびたび出題されています。 過去問での演習が効果的です。本学部に限らず、まず本学部の過去問に出来るだけ多くあたってみる事が、最上の効果的な学習法といえるだろう。
(赤本『青山学院大学(経済学部)』の「傾向と対策」より抜粋)

青山学院大学(経済学部) [2010年版 大学入試シリーズ]

青山学院大学(経済学部) [2010年版 大学入試シリーズ]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 教学社
  • 発売日: 2009/07/03
  • メディア: 単行本




飛行機副担任:U





タグ:過去問
過去問 ブログトップ