So-net無料ブログ作成
検索選択
スポンサーリンク
資料請求はこちら(無料)

推薦・AO入試 ブログトップ
前の5件 | -

STOP! The 依存症 [推薦・AO入試]

海外にいったら、きっと何かいいことあるんじゃないかな。

この予備校はいったら、きっと成績伸びるんだろうな。

この大学はいったら、今後の人生いいことあるだろう。



はい、こう思っている時点で
姿勢が受け身。
依存症の可能性アリ。


(環境が)自分にイイことしてくれるだろう
(周囲が)成績伸ばしてくれるだろう


暗黙に
「周りが自分のことをどうにかしてくれるんじゃないか?」
という期待と依存が感じられます。


もちろん、期待することが悪いというわけではありませんが、
自分のほうから「~をしてやろう!」という主体性が感じられません。


特にAO入試では完全にこのような姿勢はアウトです。


自らが問題を発見し
自らが動く。


このような心の姿勢、
みなぎる勢いを感じさせない受験生は、
「一般受験で頑張ってね~」と
言われて、切られて、じゃじゃじゃ~ん┐(´д`)┌
です。


では、栄冠を勝ち取る生徒は
どのようなタイプか?

どのようなマインドを持つ生徒か?



正解は、


海外に行ったら絶対に成長してやる!
この予備校で絶対に成績伸ばしてやる!
この大学で充実したキャンパスライフを送る!


です。


自ら求めているものをつかみ取ろうとするマインド、姿勢。

これがある人は、
大学も企業も欲しがる人材です。



ない人は?



ご想像におまかせします(。☉౪ ⊙。)


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

AO受験、学力テスト対策も忘れずに! [推薦・AO入試]



AOで受験する生徒の中で志望大学・学部によっては
学科試験を課すところが増えてきています。


志望理由書や面接練習だけに明け暮れていないで、
学力の向上にも努めるよう、この夏頑張りましょう!


まとまった時間を勉強に充てられるのは、
夏休みだけですよ?!

時間配分に注意して、
どちらか一方に偏らないようにしましょう!




nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

AO入試・推薦入試 [推薦・AO入試]


公募推薦、
特にAO推薦の知識をまったく持っていない高校の先生、
少なくないようです。


仮に知っていたとしても、
AO入試を志す生徒への指導は、
「面倒くさい」と感じている教師もいるようです。


「推薦で大学はいっても、就職に不利」などと
ワケのわからないことを保護者に説明するなどして、
できるだけ、指定校推薦か一般入試に誘導しようとする教師もいるようです。


大学の選択は、大げさに言えば生徒の将来と人生がかかっている重要なことであるにもかかわらず、
できるだけ自分の手間がかからない方向に誘引し、
無難な結果に固めてしまおうという、
良く言えば「無難」、
悪く言えば「手抜き」な進路指導をする先生しか学校にいない場合。

そして、

周囲に公募推薦の知識がある人がいない!

という場合。


そういう時は、まずはこの本を紐解いてみたらいかがでしょう?







まずは「知る」こと。


AO推薦を利用「する・しない」の選択は、
知った上で決めればいいのです。


最初から、難しそう、ややこしそう、面倒くさそう
⇒だからやめた
⇒一般受験でいく

そうなってしまう生徒がいかに多いことか。


ニチガクや協力校の東京学力会では、
学校の先生たちが「なんで君があの大学に入れた?!」と驚くぐらい、
周囲が無理だと思っていたレベルの大学にAO推薦を利用して入っている生徒が毎年続出しています。


適切な大学を選び、
きちんとした対策を施せば、
一般受験ほど努力しなくても入れてしまうことも多いのです。


「知らなかった」。

ただそれだけのために、
入れる大学にも入れないままでいるよりも、
まずはAO入試、推薦入試について「知る」ことからはじめてみてはいかがでしょう?



こちらにもAOについては詳しく書かれています。

情報戦略で大学に受かる

情報戦略で大学に受かる

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 彩流社
  • 発売日: 2011/03/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

nice!(0)  トラックバック(0) 

AO入試 [推薦・AO入試]


学力以外にも大学にはいる方法がある!



おそらく多くの高校の進路指導の先生は
積極的に勧めないであろうAO入試


先生自身がAO入試についての詳細を把握していないことと、
そのための対策の手立てを持っていないこと。


それに加えて、万が一生徒が不合格になったときのリスクも考えているのでしょう。


しかし、しかるべき対策を施せば、
一般入試よりも早く合格が決まるし、
合格が早く決まれば、大学入学までの時間を有意義に過ごせます。


ニチガクの生徒の場合、
自動車免許を取るために教習所に行ったり、
アルバイトをする生徒も中にはいます。



しかし、それ以上に、大学に入学するまでの間、
来たるべき新生活に備えての準備、
それも、大学入学後に取り組む学問の予習をしたり、
多感なこの時期だからこそ読んでおくべき文学作品を大量に読む生徒のほうが多いですね。


もし、行きたい大学・学部がAO入試や公募推薦を行っていたら、
検討してみる価値はあると思いますよ。



学力がなくても、「なんで私が首都大に?!」的な、いくつかのエピソードを含め、
AO入試の詳しくは、この本にも書いてあります。



情報戦略で大学に受かる
情報戦略で大学に受かる
nice!(0)  トラックバック(0) 

STAP細胞 [推薦・AO入試]


小保方晴子さんの中学時代の作文などのエピソード
特に、AOや公募を使って理学系学部を目指す高2生は
今後もしばらく報道されるであろうニュース
チェックしておくといいよ。


面接、志望理由のネタのひとつとして使える可能性大です。
nice!(0)  トラックバック(0) 
前の5件 | - 推薦・AO入試 ブログトップ