So-net無料ブログ作成
スポンサーリンク
資料請求はこちら(無料)

教科別勉強法シリーズ ブログトップ
前の5件 | -

短時間で効果が上がる!社会系科目(プリントメイン授業)の復習の仕方 [教科別勉強法シリーズ]

今回は、プリントをメインに使用する、社会系科目(日本史、世界史、地理、政治経済、倫理、現代社会)の授業の復習の仕方を説明していきます。


特に歴史科目では、定期テストで問われる、歴史上の出来事の “目的” “原因と結果” “変化” “比較” “時代背景” を、プリントを上手に利用して浮かびあがらせるのがポイントです!


では、勉強の手順を説明します。まずは授業中ですが、

①先生が口頭で説明していることを、どんどんプリントの余白に書き取っていく。
 ⇒余白がない場合は、ルーズリーフに書き込んでおき、あとでプリントといっしょにファイルにとじておく
 ⇒先生が強調した重要な部分は、オレンジ色の蛍光ペンで書いておく
 ⇒地図なども、余白かルーズリーフにこまめに書いておく

②プリントの空欄部分には、オレンジ色の蛍光ペンで、解答を書き込んでいく
 ⇒復習時に、赤色シートで隠しながら暗唱することができます



続いて復習(10~15分程度でOK)の方法ですが、

③プリントの空欄や説明文に対応する“教科書”の記述にアンダーラインを引く
⇒こうすることにより、太字以外部分の重要ポイントが分かる。テストに出題される可能性が高いので、きっちりマークしておくこと。

④疑問点があればチューターに質問し、確認できたことをプリントの空欄に赤字で補足記入しておく。

⑤余裕があれば、プリントを赤色シートで隠しながら何度か暗唱しておく





続いて定期テスト勉強の方法ですが、

⑥赤色シートを使って、④の空欄を埋められるようになるまで繰り返す
⇒これだけでも、たいていの定期テストで平均点は越えられます

⑦教科書を通読しながら、③でアンダーラインを引いた教科書の太字以外の重要ポイントを覚えていく
 ⇒特に難関私立大学志望者で社会科目を使用する人は、太字でない用語や欄外もチェックしておきましょう

担任:[サッカー]pick up 松田(松田を拾う)


sponsored link



「ニチガク」資料請求は⇒こちら

nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

短時間で効果が上がる!漢文の復習の仕方 [教科別勉強法シリーズ]


今回は、漢文の復習の仕方を説明していきます。



まず、漢文を受験で使用する人は、2年生までに句法をマスターしておくのが基本です!

特に難関大学文系学部の漢文科目受験者は、授業をしっかりと活用して句法を定着しておきましょう!




では、勉強の手順を説明します。まずは授業中ですが(③と④はどちらかで片方で構いません)、

①ノートの右ページの上半分(下半分は空けておく)に教科書の本文のコピーを貼り付けてください。
 ⇒手書きは時間の無駄です!自宅にコピー機能がついているプリンターがなければ、お年玉で購入することをオススメします。(勉強を効率的に進めていくうえでの必需品です!)
 ⇒行間に書き込みができるように、拡大コピーすることをオススメします。

②授業で解説された模範訳を、ノートの右下に書き込む
 ⇒テスト対策の模範訳も参考にしてください!

③授業で先生が強調した語彙の意味や文法的説明をノートの左上に書き込む
 ⇒こうしておくと、定期テスト勉強の時に復習しやすくなります

④学校で文法の副読本をもらっている場合は、先生の文法的な説明を直接副読本に書き込んでおき、覚えるべきポイントに付箋を貼っておく。

⑤それ以外の板書内容や先生が口頭で説明したことをノートの左下に書き取っておく。
 ⇒作者のエピソードなど、脱線話もメモしておきましょう!




続いて復習(10~20分程度でOK)の方法ですが、

⑥授業中に付箋を貼った箇所(もしくは③の内容)を開き、覚えるべきポイントを副読本などを見ずに紙に書き出してみる。
 ⇒さらに、声を出して読むとさらに復習の効果が高まります。(忘れづらくなります)

⑦疑問点があればチューターに質問し、確認できたことをノートの余白に赤字で補足記入しておく。

⑧授業で文法ドリルを使う場合は、授業でやった問題を解きなおしてみる。
 ⇒ドリルがなければ(必要であれば)、テスト対策でドリルが出せますので、文法の種類を記入してテスト対策申込書を提出してください!

⑨余裕があれば、原文を正しく読み下せるようにしておく。
テスト対策を参考にしてください
⇒声に出して、一定のスピードで読み下せるまで繰り返してください

⑩余裕があれば、「これは反語、これは使役」というように、句法を確認しながら、原文に対応する口語訳を言えるようにしておく。
テスト対策を参考にしてください




最後に、テスト勉強の方法ですが、

⑪授業中に付箋を貼った箇所(もしくは③の内容)を開き、覚えるべきポイントを副読本などを見ずに紙に書き出してみる。
 ⇒さらに、声を出して読むとさらに復習の効果が高まります。(忘れづらくなります)

⑫疑問点があればチューターに質問し、確認できたことをノートの余白に赤字で補足記入しておく。

⑬授業で文法ドリルを使う場合は、授業でやった問題を解きなおしてみる。
 ⇒ドリルがなければ(必要であれば)、テスト対策でドリルが出せますので、文法の種類を記入してテスト対策申込書を提出してください!

テスト対策の『定期テスト対策問題』を解き、理解・定着度に不足はないか確認する。
 ⇒さらにテストに向けて復習を重ね、正確に解答できるようにしておく

⑮”教科書の全文”を正しく読み下せるようにしておく。
テスト対策を参考にしてください
⇒声に出して、一定のスピードで読み下せるまで繰り返してください

⑯”教科書の全文”で、原文に対応する口語訳を言えるようにしておく。
テスト対策を参考にしてください





いかがだったでしょうか?この方法だとノートを消費するスピードが速くなると思いますが、ノートは余裕を持って(空白をあけて)とっていくことが効率的な学習の基本です。これは全ての科目について言えます!

100円ショップなら3冊セット100円で売っているところもあるので、ノートはケチらずに使ってください!




関連記事:短時間で効果が上がる!英語リーダーの予習・復習の仕方
関連記事:短時間で効果が上がる!古文の復習の仕方
関連記事:短時間で効果が上がる!数学の勉強法(復習法)
関連記事:短時間で効果が上がる!英語(文法系)の勉強法
関連記事:短時間で効果が上がる!英語(文法系/参考書メイン授業)の勉強法 
関連記事:短時間で効果が上がる!現代文の復習の仕方



担任:[サッカー]a good deal of 松田(かなりたくさんの松田)


sponsored link



タグ:漢文
nice!(0)  トラックバック(0) 

短時間で効果が上がる!現代文の復習の仕方 [教科別勉強法シリーズ]

今回は、現代文の復習の仕方を説明していきます。


現代文の授業では“読解力”の向上に的を絞って授業を活用していきましょう。

特に、国語の先生の話がわかりやすくておもしろい場合は、口頭で説明したこともどんどんノートにメモ書きしていってください




では、勉強の手順を説明します。まずは授業中ですが、

①教科書をコピーして、タテにした横書きノートの上半分に貼り付ける

②タテにしたノートの下半分に横線を引いて上下に2分割し、板書されている内容をその下半分に記入する
⇒知らない語句や熟語はちゃんと書き留めておく

③先生が口頭で説明した内容を、タテにしたノートの下半分の上半分に記入する
⇒本文との関連性が分かるよう、点線などで説明と本文を結んでおく




続いて復習(10分程度でOK)の方法ですが、

④ノートを軽く見直し、疑問点があればチューターに質問し、確認できたことをノートの余白に赤字で補足記入しておく。

テスト対策の『よく出る読み取り』を、答えを下敷きなどで隠しながら何度か暗唱しておく
⇒あとは、テスト前に集中して暗記すればOK

⑥②で書き留めた語句・熟語とテスト対策の『漢字』『重要語句』を確認しておく
⇒あとは、テスト前に集中して暗記すればOK




いかがだったでしょうか?この方法だとノートを消費するスピードが速くなると思いますが、ノートは余裕を持って(空白をあけて)とっていくことが効率的な学習の基本です。これは全ての科目について言えます!

100円ショップなら3冊セット100円で売っているところもあるので、ノートはケチらずに使ってください!




関連記事:短時間で効果が上がる!英語リーダーの予習・復習の仕方
関連記事:短時間で効果が上がる!古文の復習の仕方
関連記事:短時間で効果が上がる!数学の勉強法(復習法)
関連記事:短時間で効果が上がる!英語(文法系)の勉強法
関連記事:短時間で効果が上がる!英語(文法系/参考書メイン授業)の勉強法 



担任:[サッカー]provide 松田 with 松(松田に松を供給する)



sponsored link



タグ:現代文
nice!(0)  トラックバック(0) 

短時間で効果が上がる!英語(文法系/参考書メイン授業)の勉強法 [教科別勉強法シリーズ]



昨日、英文法系の授業の勉強方法を説明しましたが、

今日は、『アップグレード』や『英頻』などの参考書(問題集)をメインに使う授業の勉強方法について説明します。



参考書使用型の英文法系の授業では、復習時に暗記しやすいよう、問題部分にオレンジ色の蛍光ペンで解答・解説を書き込んでいくのが基本です!

こうしておけば、復習時やテスト勉強時に、赤色シートで隠しながら暗唱することができるので、復習がしやすくなります!

▼暗記下敷きでもOK

★暗記力をアップさせ学力をつける下敷き★(2枚セット)

★暗記力をアップさせ学力をつける下敷き★(2枚セット)

  • 出版社/メーカー: zakka屋
  • メディア: おもちゃ&ホビー




では、勉強の手順を説明します。まずは授業中ですが、

①先生が解説した文法や構文についての解説・和訳を、参考書の問題部分に、オレンジ色の蛍光ペンで、解答・解説を書き込んでいく
 ⇒先生が強調したところは、マークをするなどして目立つようにしておいてください



続いて復習(15分程度でOK)の方法ですが、

②疑問点があればチューターに質問し、確認できたことを参考書の余白に赤字で補足記入しておく。

③赤色シートで隠しながら、暗唱して復習する
⇒覚えたい部分を”隠して”暗記したい場合は、暗記したい部分を緑色のチェックペンで塗ると、赤シートで隠すことができます。

ゼブラ 新 チェックペン 緑 MW-151-CK-G

ゼブラ 新 チェックペン 緑 MW-151-CK-G

  • 出版社/メーカー: ゼブラ
  • メディア: オフィス用品



最後に、週末の復習方法ですが、

④その週の参考書該当ページを見返し、先生が強調した部分を中心にチェックする
⇒暗唱して復習し、知識を定着させる
⇒暗唱しても覚えられない部分はマークしておき、定期テストに向け、こまめに繰り返して覚えていく





関連記事:短時間で効果が上がる!英語リーダーの予習・復習の仕方
関連記事:短時間で効果が上がる!古文の復習の仕方
関連記事:短時間で効果が上がる!数学の勉強法(復習法)
関連記事:短時間で効果が上がる!英語(文法系)の勉強法



担任:[サッカー]give birth to 松田(松田の原因になる)

nice!(0)  トラックバック(0) 

短時間で効果が上がる!英語(文法系)の勉強法 [教科別勉強法シリーズ]

今回は、英語(文法系授業)の学習方法を説明していきます。


まず、英文法や構文関係を勉強するには、例文を丸暗記する方法が最も効果的です。

ですから、英文法系の授業では、復習時に暗記しやすいよう、ノートに英文と解説・和訳を左右に切り離して書き込んでください!

こうしておけば、復習時やテスト勉強時に、下敷きで左右どちらかを隠しながら暗唱することができるので、復習がしやすくなります!



では、勉強の手順を説明します。まずは授業中ですが、

①まず、ノートの左ページに教科書をコピーして貼り付けてください。
 ⇒手書きは時間の無駄です!自宅にコピー機能がついているプリンターがなければ、お年玉で購入することをオススメします。(勉強を効率的に進めていくうえでの必需品です!)

②先生が説明した文法や構文についての解説・和訳を、ノートの右ページに、①に対応する位置(高さ)に書き込む
⇒英頻のような参考書(問題・左ページ/解説・右ページ)を模範にしてください
⇒先生が強調したところは、マークをするなどして目立つようにしておいてください




続いて復習(15分程度でOK)の方法ですが、

③疑問点があればチューターに質問し、確認できたことをノートの余白に赤字で補足記入しておく。

④下敷きで左右どちらかを隠しながら、暗唱して復習する
 ⇒英文から和訳、和訳から英文の二方向でチェックをすると暗記効率がアップします。最初に英文→和訳、次に和訳→英文が基本です!




最後に、週末の復習方法ですが、

⑤その週のノートを見返し、先生が強調した部分を中心にチェックする
⇒重要な構文・短文は、日本語訳を見て英文が書けるようにしておく
⇒復習しても覚えられない部分はマークしておき、定期テストに向け、こまめに繰り返して覚えていく





いかがだったでしょうか?この方法だとノートを消費するスピードが速くなると思いますが、ノートは余裕を持って(空白をあけて)とっていくことが効率的な学習の基本です。これは全ての科目について言えます!

100円ショップなら3冊セット100円で売っているところもあるので、ノートはケチらずに使ってください!




関連記事:短時間で効果が上がる!英語リーダーの予習・復習の仕方
関連記事:短時間で効果が上がる!古文の復習の仕方
関連記事:短時間で効果が上がる!数学の勉強法(復習法)


担任:[サッカー]give birth to 松田(松田の原因になる)




sponsored link



nice!(0)  トラックバック(0) 
前の5件 | - 教科別勉強法シリーズ ブログトップ