So-net無料ブログ作成
検索選択
スポンサーリンク
資料請求はこちら(無料)

未来に借金を作るな [マインドセット(考え方の枠組み)]

明日はなんとかなると思う馬鹿者。
今日でさえ遅すぎるのだ。
賢者はもう昨日済ましている。

クーリー


クーリーの名言だと
東進・林先生の「いつやるか?今でしょ」の
「今」ですら遅すぎる……w( ▼o▼ )w



「明日はなんとかなる」

あんまり未来の自分に期待しすぎないようにしようぜ〜♪


現時点でやらなければならないことは
さっさと終わらせる。


「明日やろう」
「明日の自分なら、きっとやるさ」
などと
未来の自分に期待しない。



未来の自分に恨まれないようにしよう。

未来の自分に借金を負わせないようにしよう♪


負債をかかえすぎるとどうなるか?
⇒首が回らなくなる(・∀・)b


秋の自分が
そういう状態になっていたらイヤでしょ?


借金を抱え過ぎると人はどうなるか?
⇒元気がなくなる


借金は人からエネルギーを奪います。


受験生にとっての借金とは
「今日やるはずのことを、未来に持ち越すこと」

つまり、ノルマを先送りすること。


先送りされたノルマがたまると
⇒元気がなくなる
⇒エネルギーが奪われる


夏にサボった受験生は、
秋に溜まったノルマの多さに気付きます。


で、11月ごろに
志望校の下方修正を始めたりします。


中には
「今年はテキトーにやり過ごして来年頑張ろう」
などと、
早くも浪人を考えはじめる人もいます
=来年の自分に借金を負わせる


夏を中途半端に過ごすと
秋から冬にかけての時期は
精神的重圧との戦いの日々です。


と、警告しても、
必ず毎年何人かは、
そのような生徒が出現するんだよね。
だから、「またかよ」と思われても
繰り返します。


夏をどう過ごすかで、
今後の数か月の自分の精神状態や心の負荷が決まってしまいます。


特に、まだ夏期講習を申しこんでいない3年生!
グズグズしている場合じゃないよ。


夏期講習(あるいは合宿)の講義を主軸に
夏の学習をどう展開していくか、
すでに早い生徒は計画を立てて実行に移しています。


モタモタしていると
時間はあっという間に過ぎていきます。
(実際、もう7月の三分の一は終わっているし)


まだ夏の過ごし方を決めかねている生徒がいたら、
急ぎ担任クラスに参加するか、
面談の申し込みを担任アシスタントにするように!


nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

ニチガクの本『情報戦略で大学に受かる!』 [お知らせ]



最近ニチガクに入塾した生徒さんや親御さんはご存知ないと思いますので、改めて告知させてください。

大学受験予備校・ニチガクは本を出しています。


タイトルは、『情報戦略で大学に受かる!』。
出版社は、彩流社(現在は社名が変わり言視舎)です。



これから大学受験を本格的に考えたい方、
特に、一般受験よりも、推薦やAOをお考えの方には、是非、目を通していただきたい本です。



情報戦略で大学に受かる


情報戦略で大学に受かる






もちろん、最低限の学力は必要なことはいうまでもありませんが、

大学受験というものは、

勉強して
→成績を上げれば
→合格する

という単純な図式が成立するとは限りません。

まずは行きたい大学を決め、
その大学にはいるための情報を集め、

適切な情報と、それに基づく戦略を構築し→それを粛々とこなし→合格する

ことが、単にがむしゃらな勉強をすることよりも重要なことなのです。

そのために知っておいていただきたいことのイロハがこの本には記されています。

とくにこの本は地方在住の方にもおすすめしたいです。

近隣の塾や予備校、あるいは学校の進路指導の先生も含め、大学受験に関する豊富な情報やデータがあるような環境ではなく、それでも東京の名門と呼ばれる大学の受験にチャレンジしてみたいと考えている生徒さん、親御さんは、今後の戦略を練るうえでのヒントとなることでしょう。


特に、部活が忙しくてなかなか勉強をする時間が無い、
しかし、大学進学は考えたいという高校生の皆さん、


そして、そのような悩みを抱える高校生のご子息がいらっしゃる親御さんは、
ぜひ御一読をお勧めいたします。


それほど厚くない本ですし、
文字も大きく読みやすいので、
気軽に読めますよ!

また、本書のメインコンテンツの一つでもある、
「バカとビンボーは遺伝する」。

これ一体どういうことなのか、
気になる方もご一読を!


▼内容の一部
・ホンネで大学入試を考えましょう!

・きちんと戦略を立てれば、どんな偏差値の子でも志望校に合格します。

・バカと貧乏は遺伝する!

・「ビンボー」という悪しき連鎖を断ち切れ!

・「金がないから進学できない」の嘘

・高卒と大卒では、「生涯賃金」にこれだけの差が!

・「学歴なんか関係ない」?

・日本はいまだに学歴社会である

・「偏差値はすべてではない」というマヤカシ

・驚くほど知られていない推薦・AO入試の利点に注目。

・「狙い目の大学」とは?

この本は、賢い作戦をたてるコーチになりたいと思います。
大学受験は「人生の一大事」! そのための戦略の立て方、勉強の仕方はもちろん、お金の借り方までのガイド!







タグ:ニチガク
nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

STOP! The 依存症 [推薦・AO入試]

海外にいったら、きっと何かいいことあるんじゃないかな。

この予備校はいったら、きっと成績伸びるんだろうな。

この大学はいったら、今後の人生いいことあるだろう。



はい、こう思っている時点で
姿勢が受け身。
依存症の可能性アリ。


(環境が)自分にイイことしてくれるだろう
(周囲が)成績伸ばしてくれるだろう


暗黙に
「周りが自分のことをどうにかしてくれるんじゃないか?」
という期待と依存が感じられます。


もちろん、期待することが悪いというわけではありませんが、
自分のほうから「~をしてやろう!」という主体性が感じられません。


特にAO入試では完全にこのような姿勢はアウトです。


自らが問題を発見し
自らが動く。


このような心の姿勢、
みなぎる勢いを感じさせない受験生は、
「一般受験で頑張ってね~」と
言われて、切られて、じゃじゃじゃ~ん┐(´д`)┌
です。


では、栄冠を勝ち取る生徒は
どのようなタイプか?

どのようなマインドを持つ生徒か?



正解は、


海外に行ったら絶対に成長してやる!
この予備校で絶対に成績伸ばしてやる!
この大学で充実したキャンパスライフを送る!


です。


自ら求めているものをつかみ取ろうとするマインド、姿勢。

これがある人は、
大学も企業も欲しがる人材です。



ない人は?



ご想像におまかせします(。☉౪ ⊙。)


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

塾長室、今日から再開 [お知らせ]



本日より塾長室指導、再開です。

ただし、会議などがあるので、
訪問は、午後3時以降で!


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

塾長室しばらく閉まってますよ [お知らせ]



8月12日〜17日までの間、
夏休み」のため、
塾長室は閉鎖です。


横浜校や船橋校、そして新宿校で
 小論文やAO入試対策の特別指導を受けるため
 呼ばれている生徒は別



タグ:塾長室
nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び